医師転職 医師転職比較 医師転職サイト比較 医師求人

医師の方で転職されたい方

医師転職エージェン人気おすすめ!

リクルートドクターズキャリア

30年以上ドクターに向き合い続ける医師専門の転職エージェント
リクルートドクターズキャリア登録

エムスリーキャリアエージェント

m3は医師20万人が使う医療サイトで登録は必須!
エムスリーキャリアエージェント

Dr.転職なび


Dr.転職なび

ドクターキャスト


高年収&好条件の医師求人ならコチラ

医師転職サイト比較や医師求人は医師転職エージェントを活用した 医師転職が一番いい結果がでている!

最強の医師転職医師転職エージェント以外にない!
中途半端な医師転職サイト比較や医師求人を検索してもいい結果は出ない!
本気の医師転職を考えるなら最初から医師専門に特化した医師転職エージェントを活用すべきだ。

 

医師求人サイト医師転職比較活用次第で人生のターニングポイントをうまく乗り越えれます!

 

今、医師の転職は花盛りと言えるほど激増しています!

 

 

医師転職サイ比較で数多くの非公開で優良な医師求人案件が見つかるかもしれません?

 

医師転職医師求人サイトなどを利用したお医者様の転職が多くなっています。

 

医療業界に精通した医師専門キャリアコンサルタントを上手く活用してスキルアップ〜キャリアアップされた先生方の医師転職成功ノウハウは、時流の賜物と言えそうですね・・・。

 

医師求人ランキング比較&医師転職ランキング〜医師 年収 科とは?その意味と活用方法は!
ishitensyoku03

医師転職サイト比較

利用者データが語るエムスリー キャリア エージェント活用による失敗しない医師求人に医師の登録が集中傾向は相変わらず!

 

本気で転職検討中の医師は、医者に有利な転職情報を徹底的に求める傾向が顕著です!

 

医師求人や医師転職ランキングをあさっても
口コミやネット検索にいくら時間をかけても
結論はココ⇔M3に戻る医師が多いことも確か?!

 

M3をメインに当て馬にもう一社登録て競わせる?
このやり方が一番楽で賢い失敗しない方法でしょう!
現実はエムスリーキャリアエージェントが医師求人案件に圧倒的に強い事実がある。
それでも追従する おすすめ 医師転職エージェントも数社、少なからず台頭し競合存在しています。

ishitensyoku04

医師求人サイト


WEBで有力と評価の高い医師専門の転職支援サイトは下記数社だけでしょう!
希望条件で転職できる医師求人は この中に必ずあるはずです。
問題は時期や運とかタイミングだけでなく、
1社だけに絞り込んでも成功する確率が逓増する保証はありません。
医師転職に成功する鉄板の法則信頼できるキャリアコンサルを見つけることが先決であることは間違いないようですね・・・

 

 

本当に優良な医師求人案件は動きが早い!
医師求人サイドの医療機関が依頼する求人会社は一社限定だとは限らない!
相見積もりの入札と同様に複数社に声掛けしている可能性も否めない?

 

本気で転職を考える医師にとって
有力な医師専門コンサルを抱える医師転職エージェント1社だけに任せきるのは如何なもの?

 

医師転職に成功された先生方は、複数登録をされている事例が多いことも確かです。

 

人生最大のターニングポイントの動きは意外にテキパキとした動きがある?

 

動きがない不気味な医師求人案件に手出ししないためにも

 

ある程度の比較検討が必要なことも確かな事実でしょう!

 

 

やみくもに無名の医師転職専門エージェントに数多く登録しまくっても
手間暇かかるだけで採用サイドから見れば
何だこの医者は?
って思われても仕方がない下賤な話になるだけだろう。

 

今も、未来も、医師業界は一般業界と同じく、人間関係の悩みは医局に集中?

 

冷静に見つめ直すと 夜勤からの脱却と年収問題・家族の満足度がポイントであることは明らか・・・

 

ishitensyoku05

人気の医師転職サイトを徹底比較

エムスリーキャリアエージェントの概要

エムスリーキャリアエージェントは、転職希望者の登録実績が6年続けてナンバーワンという、非常に人気のある転職サイトです。
医師の求人数は、1万8,000件以上で、常勤だけでなく非常勤も取り扱っています。
施設の区分は、「一般病院」「療養型」「介護老人保健施設」「ケアミックス」「クリニック」「製薬企業」など。
運営している「エムスリーグループ」は、25万人以上もの会員が登録しているため、それに伴ってエムスリーキャリアエージェントも利用者数が年間1万人以上と、他の医師転職サイトを引き離しています。

エムスリーキャリアエージェントの特徴

こちらのサイトの特徴ですが、まず挙げられるのは「求人案件のクオリティーの高さ」です。
医療機関との取引実績が多いため、よい条件の求人や、他では見られない求人などを多く取り扱っています。
「年収2,000万円以上」「役職付き」「当直なし」などという条件の求人は、他の医師転職サイトではなかなか見かけることはないでしょう。
また、転職希望者が安心して利用できるよう、「個人情報の厳守」「転職を無理強いしない」「円滑な入職のサポート」という三つの点について確約しています。

 

口コミも、「医師を対象としたサービスに慣れている」「かなり難しい条件を出したにもかかわらず、それに合った求人を見付けてくれた」など、高く評価する物が多く、これらを総合すると、他の医師転職サイトと比べてアドバンテージがあることは間違いないので、転職を考えている人は登録しておくべきだといえます。

医師転職ドットコムの概要

医師転職ドットコムは、東証一部の上場企業「アインファーマシーズ」のグループ会社である「メディウェル」が運営している医師転職サイトです。
医師の求人数は3万9千件以上で、常勤も非常勤も取り扱っています。
施設区分は、「一般病院」「療養型」「リハビリテーション」「クリニック」「介護老人保健施設」「製薬企業」「一般企業」など。
こちらのサイトの特徴は、エムスリーキャリアエージェントと近いですが、「他では見られない求人が多い」という所です。
知名度の高い医療専門のコンサルティングファームがバックボーンにあるため、「年収2,000万円以上」「都心の駅近辺」など条件のよい求人を多く扱っていますし、親会社が上場企業なので、産業医など企業とのコネがないと難しい求人も揃っています。
それに加えて、「その病院が求人を出した背景」「その病院の経営状況」「その病院の経営方針」「職場の雰囲気」など、転職するにあたって重要な情報をきっちり調査しています。
また、転職活動をするにあたっては、個人情報の保護や応募の匿名性の確保なども重要ですが、これらに対してはプライバシーマークを取得するという形で、しっかり管理しているという所をアピールしています。
口コミとしては、「年収が上がっただけでなく、環境も改善された」「しがらみを感じずに転職できた」「思ったよりもよい条件の求人を紹介してもらえた」などがあり、転職希望の人が安心して使えるサイトの一つといえます

リクルートドクターズキャリアの概要

リクルートドクターズキャリアは、転職成功実績ナンバーワンのリクルートが母体の、医療機関専門の転職エージェント「リクルートメディカルキャリア」が運営している医師転職サイトです。

医師の求人数は1万7,000件以上で、常勤も非常勤も扱っており、施設区分は「一般病院」「療養型」「リハビリテーション」「介護老人保健施設」「製薬企業」など。
こちらのサイトの特徴は、「よい条件と高収入の求人に特化している」という所です。
年収2,000万円以上の求人はもちろんのこと、専門医などの資格取得を強力にバックアップしている病院の求人・クリニックの副院長といった役職付きの求人など、様々な物が取り揃えられています。
また、無料会員登録を行うと、「科目別の転職動向」「転職の成功事例」などのデータを提供してもらうこともできます。
そして、転職が初めての場合などはいろいろと悩むこともあるでしょうが、そのような場合にも医師専門のキャリアアドバイザーによる丁寧なサポートを受けることができ、実際に利用した人からも高い評価を得ています。
さらに、サービスを開始してから30年以上という実績があり、プライバシーマークも取得しているため、個人情報の保護についても信頼してよいといえます。
口コミとしては、「よい環境の所に転職できた」「東京や横浜に転職したい人にはおすすめ」などという物があり、転職を希望する医師にとってはよい選択肢の一つであるサイトといえます。
ishitensyoku06

医師転職ランキング

医師転職サイトの比較で医師求人の成功と失敗に明暗が出る不思議な事実?

 

重要なのは医師転職ランキングベスト3以外は全く時間の徒労に終始するだけか?

 

医師 年収 科

平均年収からも年収の高い診療科がわかる!
当たり前だが
本当の医師年収ランキングを見れない年収と手取り額の相違にご注意!

 

開業医と勤務医の平均相場とは?
診療科目別で見る医師の平均年収と満足度は
本当に医師転職の尺度になる訳がない嘘とホント?

 

現実に開業医がいくら高収入でも
勤務医の手取りとどう関係があるのか?
答えは簡単だ!

 

ishitensyoku02

医師への転職の際の特徴や平均年収について紹介

 

医師の平均年収はいくらか

医師への転職をする際に気になるのは医師の平均年収かもしれません。
医師にもいろいろな種類がありますが、勤務医であれば開業医よりも年収は少なめになっています。
勤務医の平均年収は大体1696万円、月収は大体106万円ほどになっています。
大学病院の医局に進んだ場合は医療長で2192万円と言われています。
開業医であれば、年収は2800万円から4000万円ほどにまで増えます。
年収を比較してみても開業医の方が年収はかなり高いと言えますが、勤務医の年収でも専門医療によって違いがあります。
精神科医の場合は平均年収は1200万円ほどになります。
月収であれば、約90万円から100万円前後になります。
麻酔科医の場合は平均年収は1000万円から1800万円になります。
月給にすると約83万円から100万円ほどになります。
日勤であれば1日8万円から10万円、当直であれば1回4万円から6万円になります。
18日の日勤と当直4回で180万円ほどの月収にすることができます。
外科医の年収は平均して1160万円ほどになります。
外科医長になれば2000万円から2500万円、都立病院の外科医であれば1200万円から1800万円になります。
月収にすると給料は60万円から70万円になります
小児科医の年収であれば、平均して980万円から1800万円になります。
東京であれば、大体1500万円から3600万円になります。
地方は1000万円ほどになります。
月収は80万円ほどです。
このような年収になっています。
医療別
ishitensyoku01

【保存版】ホントにいい、医師転職サイトの見分け方

【保存版】ホントにいい、医師転職サイトの見分け方

家族を養えない、貧乏医師が急増中?

「お医者さんの仕事をしています」といえば、さぞかし高給取りなのでは…?と思われるのは大きな勘違い。
最近ではお医者さんの世界でも格差が生まれてきていて、高級外車に乗ることができる金持ち医師と、そうでは無い貧乏医師と二極化が進んできています。

 

最近では政府の方針により、ドクターが儲けるツボ診療報酬が減ってきています。

 

医療にかける国の予算が年々縮小傾向にあるため、今までどおりの仕事をおこなっていても、給料は上がるどころか下がるドクターも増えてきているのです。

 

また大きな大学病院などに勤める勤務医とみずからの病院がある開業医とでは、仕事に対する負担やもらえる年収の額にも大きな開きがあります。

 

また人口が減っている地域で病院を開いていても採算が合わず、たとえ開業医の仕事をしていても「毎月の収支は微々たるもの…」と答えるお医者さんも少なからずいます。

 

・医師=すべてが高給は間違い

 

お医者さんの仕事につけば一生安泰で暮らしていける…と思ってしまうのは早合点。

 

何も知らないまま職場環境を選ばない受け身の状態で過ごしていると「お医者さんって思いのほか儲からない仕事かも…」とガッカリしてしまうこともあります。

 

一人前のドクターになるためには、一般の職種と比べて比較にならないほどの高額な費用も発生します。

 

医学部に4年間通うだけでも数千万円の出費がかかる時代、それをねん出してくれた親のためにも、可愛いわが子のためにも、支えてくれる奥さんのためにも、やはり自分にあった適切な道を選ぶことが大切。

 

「自分の道が分からない」と悩んでいるドクターの方にオススメしたいのが、ちまたに溢れている医師転職サイトです。

 

専門サイトを上手に活用することで、効率のよい転職へ踏み出すことができます。

 

ishitensyoku07

選び方ひとつで人生が変わる、医師転職サイトのセレクト法

 

医師転職サイトなんて、所詮どれも同じ内容だろう…このように思っていませんか。

 

誰でもインターネットが利用できる時代、裏を返せば誰もがインターネットの世界に介入できる時代です。

 

医師転職サイトにも実は色々なサイトがあるため、良質なサイトを選び抜く目が必要になります。

 

ココでは簡単な見分け方を厳選してお伝えします。

 

・医師専門サイトであること

 

転職サイトを開くと一般のビジネスマン向けの求人に交じって、医療者向けの求人がアップされているところもあります。

 

よくある光景のひとつなのですが、本気で医師の転職を目指す方にとっては非効率的。

 

たくさんある転職情報の中から、医師向けの求人を自分でピックアップしなければならない労力が必要になるからです。

 

本気の医師転職サイトとお付き合いしたかったら、できればドクター限定のサイトを選ぶように心がけてみること。

 

医療従事者専門の転職サイトであれば、日本中の病院とも太いパイプがありそれなりのノウハウも蓄積されたところである可能性が高いからです。

 

こうしたサイトと上手く付き合うと、短時間で自分にあう転職先を見つけることもたやすく出来ます。

 

・頼れるエージェントがいること

 

優秀な医師転職サイトには、有能なエージェントがいます。

 

エージェントとは簡単にいうと、あなたと病院の間に入って、転職がスムーズに進むようやり取りをおこなってくれる人のことです。

 

具体的な要望を出せばあなた好みのエリア・給与・雇用形態にあう条件のいい仕事を見つけてきてくれます。

 

今の仕事を続けながら次の職場のことをじっくり考えるためには、頼れる相棒を見つけておくことも重要です。

 

有能なエージェントがいる医師転職サイトであれば、このような問題も大いに解決することができます。

 

医師転職サイト、さらなるポイントは?

 

さらに良いサイトと出会うためのポイントについて、深く見ていきましょう。

 

・失敗を恐れず、複数のサイトに登録してみる

 

医師転職サイトで当たりを引くためには、少々の冒険をおこなうことも大切です。

 

個人情報の扱いが丁寧である、市場の評判もそれなりに良い…など基本的な項目に合致していたら、できれば自分のお眼鏡にかなう転職サイトを3社ほど登録してみましょう。

 

医師転職サイトに複数登録しておくと、1社のみの登録だけでは見えてこなかったメリット・デメリットが見えてきます。

 

「ここのサイトは、エージェントの対応が親切だ」とか「ここのサイトは管理体制が強化されている」などの利点が浮き彫りになるほか「ここのサイトは土日の対応が遅い」「こちらのサイトは、プライバシーに配慮が無い」などのマイナスの特徴もよく分かるようになります。

 

色々な会社のサービスを実際に体験し比較することによって、その会社のできるポイント・できないポイントが判断できるようになります。

 

リアルな体験をおこなうことによって、世間の口コミだけでは分からない生の評判を獲得することができます。

 

・自分の「条件」も明確にしておく

 

良い医師転職サイトを見極めるためには、サイトを受け入れるこちら側の態度も重要です。

 

「転職したい」という思いはあってもその気持ちが漠然としていたり、日によって希望条件が変わるようであれば、どんなに良いサイトと巡り合っても縁を逃してしまうことがあるからです。

 

良い転職サイトを引き寄せるためには、まずは自分の枠組みをしっかり作っておくことが大切です。

 

「何のために転職するのか」「お金が目的なら希望年収はいくらか」「どのような勤務体系を目指しているのか」など具体的なフレームを確実に作成しておきましょう。

 

 

 

 

医師転職エージェントおすすめ人気ランキング

リクルートドクターズキャリア
医師転職サポート37年実績
医師からの支持率83%
リクルートドクターズキャリア
エムスリーキャリアエージェント
m3は医師20万人が使う医療サイトで登録は必須でしょう!
エムスリーキャリアエージェント
医師転職ドットコム
医師転職ドットコム
マイナビDOCTOR
マイナビDOCTOR
dr.転職なび
dr.転職なび
page top